MENU

ローヤルゼリーとはちみつの違いを教えて

ローヤルゼリーとはちみつの違いを教えて

ローヤルゼリーとはちみつ、どちらもミツバチが関係しています。
しかし、この二つが作られる過程が全く違います。
ローヤルゼリーについては、ミツバチが集めてきた花粉や花から取った蜜を食べて、消化し分解したものを身体の外に出したものになります。
これは女王蜂だけが食べることができる特別なものなのです。

はちみつは、ミツバチが集めてきた花粉や花から取ってきた蜜そのものです。
主に働き蜂が食べるものです。
味にも大きく違いがあります。
はちみつが花粉や花の蜜であり甘く、花の香りがするようなものです。
しかしローヤルゼリーは酸っぱさを感じるような酸味が強く、ピリッとした刺激を感じるもので正直口にすることを拒んでしまうようなものです。

これには大きな理由があります。
取ってきた花の蜜や花粉をいったん働き蜂の体内に取り込み、消化し分解することによって栄養素を作り出すため、その栄養素が混ざり合って独特の香りや味になるためです。
また、含まれている成分にも違いがあります。
ローヤルゼリーには豊富な栄養素が含まれており、自然の総合栄養食ともいわれているものになります。
栄養素もタンパク質、ビタミン類。
アミノ酸などの人間に欠かすことができないものが豊富に含まれています。

対して、はちみつの主な成分は糖質になります。
そのため、はちみつ独特のあの甘さが出てくるのです。

どちらもミツバチからの恵みですが、味や香りはもちろん、含まれている成分や栄養素にも大きな違いがあるのです。
女王蜂は毎日卵を産み、女王蜂や働き蜂を育てています。
そのため、働き蜂よりも体力を使います。
そのような女王蜂が子孫を残すために元気に働いていることからローヤルゼリーの効果を感じることができます。

はちみつは甘くておいしいですがローヤルゼリーは独特の香りや味がしてなかなか積極的に取るのが難しいものです。
今では通信販売や薬局でも飲みやすくされたものが販売されていますので、ぜひ摂取してみてください。